Open Category List

部下と話合いをすることは誤ったマネジメントである

5 minutesread

部下と話し合いをしすぎることがマネジメントとして間違っている理由について解説します。

1. 賃金は単純なものではない:
賃金は、企業への貢献度や職務、拘束時間だけで決めるべきではありません。
企業の運命や労働者の生活が賃金に関連しているため、これらの要素を考慮する必要があります。
リーダーは、部下と話し合いを行い、賃金についての認識を深めることが重要です。

2. 社長の哲学と姿勢を明確にする:
賃金制度を策定する際には、社長の哲学と姿勢を明確にし、それを賃金制度に反映させることが重要です。
これにより、賃金制度が企業の価値観や目標に合ったものになり、従業員に対して公平で適切な報酬が支払われることが期待できます。

要約すると賃金に関する考え方と部下とのコミュニケーションが重要。

賃金制度を策定する際には、企業の運命や労働者の生活を考慮し、社長の哲学と姿勢を明確にすることが求められます。

部下と話合いをすることは誤ったマネジメントである

/
/
部下と話合いをすることは誤ったマネジメントである

Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia curae; Suspendisse aliquet molestie sapien id ultricies. Nulla facilisi. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Suspendisse purus sapien, scelerisque nec elit et, vulputate varius tortor. Aliquam nec mi aliquet, pulvinar neque vitae, semper justo. Nullam ultrices magna nec lacus venenatis placerat. Nulla commodo iaculis consectetur. Etiam non euismod sem, vitae sagittis enim.

Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia curae; Suspendisse aliquet molestie sapien id ultricies. Nulla facilisi. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Suspendisse purus sapien, scelerisque nec elit et, vulputate varius tortor. Aliquam nec mi aliquet, pulvinar neque vitae, semper justo. Nullam ultrices magna nec lacus venenatis placerat. Nulla commodo iaculis consectetur. Etiam non euismod sem, vitae sagittis enim.

Praesent fermentum, arcu eu varius tincidunt, ante sapien euismod tortor, non posuere nisi purus sit amet dolor. Aliquam convallis dui at nisi malesuada, sagittis tincidunt turpis bibendum.

Vestibulum ante ipsum primis in faucibus orci luctus et ultrices posuere cubilia curae; Suspendisse aliquet molestie sapien id ultricies. Nulla facilisi. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Suspendisse purus sapien, scelerisque nec elit et, vulputate varius tortor. Aliquam nec mi aliquet, pulvinar neque vitae, semper justo. Nullam ultrices magna nec lacus venenatis placerat. Nulla commodo iaculis consectetur. Etiam non euismod sem, vitae sagittis enim.

後藤穂高 / Hodaka Goto

後藤穂高 / Hodaka Goto

元AOL日本、Netscape日本、ICQの社長である私の親の指導の下でキャリアを開始。
戦略的コンサルティング、法務、情報システム、システム開発を経験。
メディア、法律、テクノロジー、広告セクター。

マレーシアに拠点を置き、顧客組織のエグゼクティブに対して効果的なリスク軽減とビジネスプロセス改善計画について提案。

慶應義塾大学法科大学院卒業、上智大学法学部国際関係法学科卒業(成績優秀により3年間で早期卒業)

主なスキル:
企業関連の法務 | グローバル法務 | 業務改善 | コンサルティング | リスク管理 | 契約 | 自動化 | 法的サービス | KPI設計 | 上場準備 | プロジェクト管理 | 株主対応 | Google Workspace | Microsoft Office | SaaS | ERPシステム | CRMシステム

Related Knowledge Base Posts