Open Category List

説得力あるストーリーを作成するための3つのステップ

1 minuteread

説得力あるストーリーを語る3つのステップについて解説します。

1. 自分が語りたいストーリーをしっかり把握する

まずは、ストーリーの元ネタの概要をまとめ、相手に伝えるべき情報や質問をリストアップしましょう。また、提案された解決策を採用した場合の相手の利益も考慮しておくことが重要です。

・ 根拠づけを行う
相手を納得させるために、あなたの主張に対する根拠や実例を示しましょう。他にも同様の事例がある場合は、それらを挙げることで説得力を高めることができます。

・相手の感情に訴える
ストーリーに感情的な要素を取り入れることで、相手の心に訴えかけることができます。相手があなたの提案を受け入れなかった場合の損失や失敗の原因をリストアップし、感情的な影響を考慮に入れましょう。

・相手からの質問に備える
予想される質問とその回答をリストアップし、事前に準備しておくことでスムーズに対応できます。

・相手に求める具体的な行動を明確にする
最後に、相手にどのような行動を取ってほしいのか具体的に示し、順序立てて説明しましょう。また、相手が難色を示す可能性のある内容も考慮しておくことが望ましいです。

2. ストーリーの骨子を組み立てる

A. 相手の耳をとらえる
まずは相手の注意を引きつけるために、魅力的な言い方や表現を用いることが重要です。

B. 土台を築く
ストーリーの基礎を作り、必要な情報と背景知識を提供することで、相手があなたの主張を理解できるようにします。

C. 感情に訴える
相手の感情に訴えかける要素を3つ以上取り入れ、同意しなければ不利益が生じることを伝えることで、相手の感情に訴えます。

D. 証拠を提示する
相手が知っている人物や、似た状況にある人物の事例を用いて、信頼性と証拠を示すことが重要です。

E. 相手の質問に答える
あらかじめ想定される質問に対して、エキスパートとして答えることで、信頼性を高めます。

F. 結論を導くための情報を提供する
詳細な情報を提供しつつ、コミュニケーションを続ける余地を残し、相手が行動を取るべき理由を明確に伝えます。

G. 相手の反応を確かめる
要点の理解や憶測の有無を確認し、相手があなたのストーリーをどのように受け止めたかを理解することが重要です。

3. 声に出してストーリーを語ってみる

 ストーリーを語る際に最初に捉えるべきは聞き手の耳です。

 そのため、出だしを工夫することが重要です。例えば、シンプルに「こんな話があるんですけどね」と始める方法や、「私はこう思うんです」「こんな経験ありませんか?」と質問を投げかけて始める方法があります。質問を投げかけることで、相手を聞く体勢にしやすくなります。

Related Knowledge Base Posts