Open Category List

解決策を提示し、相手に解放感を感じさせる説得術

3 minutesread

相手に解決策を提示して解放感を感じさせる方法について解説します。

特定の問題や出来事に対する不安やストレスを抱えている人は、解決策を真剣に求めており、その解決策を見つけたことに対して大きな解放感を味わいます。

この解放感と達成感により、新たな「信念」が形成される余地が瞬時に生まれます。

説得を行う際、相手の「信念」を自分と同じものに変えさせたくなることがありますが、最大の目的は「相手を自分の望みどおりの行動に導く」ことです。

そのため、あなたの見解を完全に理解させたり、相手の考え方を完全に変えさせる必要はありません。

説得者の最終目的は、新しい考えを生み出し、相手の「信念」を改めさせ、あなたの「信念」も取り入れてもらえるように導くことです。

解決策を提示し、相手に解放感を感じさせる説得術

/
/
解決策を提示し、相手に解放感を感じさせる説得術

私たちは日々、様々な問題や出来事に直面し、それによって不安やストレスを感じることがあります。そのような状況下で最も求められるのが、問題の解決策です。解決策を見つけることで、私たちは大きな解放感を味わい、達成感を感じます。この記事では、その解放感を通じて説得を行う方法について詳細に解説します。

1. 解放感と信念の形成
問題の解決策を見つけた時、私たちは大きな解放感と達成感を感じます。この感情は、新たな「信念」を形成する素地を提供します。問題を解決した経験から得られる信念は、私たちの行動や意思決定に大きな影響を与えます。

2. 説得と信念の変容
説得を行う際、私たちはしばしば相手の「信念」を自分と同じものに変えさせたくなることがあります。しかし、説得の最大の目的は「相手を自分の望みどおりの行動に導く」ことです。そのため、あなたの見解を完全に理解させたり、相手の考え方を完全に変えさせる必要はありません。

“The best way to predict the future is to create it.”
– Peter Drucker

3. 説得者の最終目的
説得者の最終目的は、新しい考えを生み出し、相手の「信念」を改めさせ、あなたの「信念」も取り入れてもらえるように導くことです。そのためには、解決策を提示し、相手に解放感と達成感を感じさせることが重要です。

解決策を提示することで、相手はその問題に対する不安やストレスから解放され、新たな信念が形成されます。その新たな信念は、あなたの説得に対する受け入れ度を高め、あなたの望む行動に導く可能性を高めます。

このように、解放感を通じて説得を行うことは、相手にポジティブな感情を引き出し、あなたの説得をより効果的にする強力な手段となります。

後藤穂高 / Hodaka Goto

後藤穂高 / Hodaka Goto

元AOL日本、Netscape日本、ICQの社長である私の親の指導の下でキャリアを開始。
戦略的コンサルティング、法務、情報システム、システム開発を経験。
メディア、法律、テクノロジー、広告セクター。

マレーシアに拠点を置き、顧客組織のエグゼクティブに対して効果的なリスク軽減とビジネスプロセス改善計画について提案。

慶應義塾大学法科大学院卒業、上智大学法学部国際関係法学科卒業(成績優秀により3年間で早期卒業)

主なスキル:
企業関連の法務 | グローバル法務 | 業務改善 | コンサルティング | リスク管理 | 契約 | 自動化 | 法的サービス | KPI設計 | 上場準備 | プロジェクト管理 | 株主対応 | Google Workspace | Microsoft Office | SaaS | ERPシステム | CRMシステム

Related Knowledge Base Posts