Open Category List

【U.S.P./U.C.P.】自分の強みを活かした商材開発

1 minuteread

自分の強みを知る(商材開発テクニック)について解説します。

 まず、U.S.P.(ユニーク・セリング・ポイント)は、自分の商品やサービスがライバルとどのように違うのかを明確にすることです。
これにより、顧客に対して独自の価値を提供できることをアピールできます。
U.S.P.を見つけるためには、自分の商品やサービスの特徴や利点をリストアップし、競合他社と比較して独自性がある点を見つけ出すことが重要です。

 次に、U.C.P.(ユニーク・コネクション・ポイント)は、市場のお客様と繋がり、自分の良さを知ってもらうことです。
これは、自分のキャラクターや個性を前面に押し出すことで、顧客との信頼関係を築くことができます。
具体的には、自分の性格や人柄をエピソードを通じて伝えることで、顧客に親近感や信頼感を持ってもらうことができます。

 これらのテクニックを活用し、自分の強みを知り、商材開発に取り入れることで、競合他社と差別化された独自の商品やサービスを提供することができます。

Related Knowledge Base Posts