Open Category List

好敵手と師を活用した自己成長法

< 1 minuteread

好敵手と師を活用した自己成長法について解説します。

1. 『いつかあの人に追いつきたい』という長期のライバルを設定する。このライバルは、自分が目指すべき理想の人物であるべきです。
2. ライバルに追いつく日を具体化し、その達成に向けた具体的な目標を設定します。
3. ライバルの尊敬するところを具体化し、自分が学びたい点を明確にします。
4. ライバルと今の自分との差を具体化し、どのような点で改善が必要かを把握します。
5. ライバルに近づくためには何が必要かを具体化し、それを達成するための計画を立てます。
6. ライバルに対するチャレンジメッセージを作成し、自分の意気込みを表現します。
7. ライバルを思い出すジェスチャーを作成し、それを行うことでライバルに対する意識を高めます。
8. 毎日5回以上、チャレンジメッセージを唱えながらライバルに追いつく状態をイメージングします。この際、ジェスチャーも行い条件付けをしておきます。
9. 自分を奮い立たせたいときや落ち込んだ時に、ジェスチャーを行い脳をプラスに保ちます。
10. 長期ライバルの写真をライバルに関する分析表に貼っておくことで、より具体的なイメージを持ち続けます。
11. 長期ライバルとの間に師弟関係を築けると望ましい。これにより、より直接的に学びや成長が促されます。

この方法を活用することで、ライバルや師との関係を通じて自己成長を促進し、目標達成に向けた意欲を維持することができます。

Related Knowledge Base Posts