Open Category List

効果的なストーリーテリングのポイント

1 minuteread

効果的なストーリーテリングのポイントについて解説します。

 まず、「厳選した説得相手に対してストーリーを効果的に語る」ためには、説得相手と結びつきのあるエピソードやネタなどの裏づけ情報を活用し、パワフルなストーリーやアイデアで相手を導くことが重要です。

 さらに、プレゼンテーションの初めから終わりまで相手をたえずコミットさせることが大切です。これを実現するためには、相手が同意できる状況やシナリオを設定し、「共感・感情移入」を誘うストーリーを語りながら相手を味方につけ、コミットさせることが必要です。

 このプロセスを通じて、相手の心をつかみ、「好意」を勝ち取り、あなたが置かれている状況に対する「親近感」と共通意識を抱かせることができます。

効果的なストーリーテリングのポイント

/
/
効果的なストーリーテリングのポイント

ストーリーテリングは、ビジネスの世界でもますます重要性を増しています。それは、人々の心を動かし、行動を促す強力な手段だからです。今回は、その効果的なストーリーテリングのポイントについて詳しく解説していきます。

1. 説得相手とのつながりを活用する
まず、「厳選した説得相手に対してストーリーを効果的に語る」ためには、説得相手と結びつきのあるエピソードやネタなどの裏づけ情報を活用することが重要です。これは、相手が自分自身をストーリーの中に見つけることで、より深く話に引き込まれるからです。例えば、相手の過去の経験や、相手が関心を持つトピックなどをストーリーに組み込むことで、相手の注目を引き、パワフルなストーリーやアイデアで相手を導くことができます。

2. 相手をコミットさせる
次に、プレゼンテーションの初めから終わりまで相手をたえずコミットさせることが大切です。これを実現するためには、相手が同意できる状況やシナリオを設定し、「共感・感情移入」を誘うストーリーを語りながら相手を味方につけ、コミットさせることが必要です。ストーリーは、ただの情報伝達手段ではなく、相手を行動に移すための道具であるべきです。そのため、相手が自分の立場や視点を理解し、それに賛同するようなストーリーを作ることが重要です。

“The stories we tell literally make the world. If you want to change the world, you need to change your story. This truth applies both to individuals and institutions.”
– Michael Margolis

3. 相手の心をつかむ
このプロセスを通じて、相手の心をつかみ、「好意」を勝ち取り、あなたが置かれている状況に対する「親近感」と共通意識を抱かせることができます。ストーリーテリングは、ただ情報を伝えるだけではなく、相手の感情に訴え、深い理解と共感を得るための手段です。そのため、ストーリーは相手の感情に訴え、共感を引き出すものでなければなりません。

以上、効果的なストーリーテリングのポイントについて解説しました。これらのポイントを活用して、あなたのストーリーをより魅力的に、そして効果的に伝えることができるようになりましょう。

後藤穂高 / Hodaka Goto

後藤穂高 / Hodaka Goto

元AOL日本、Netscape日本、ICQの社長である私の親の指導の下でキャリアを開始。
戦略的コンサルティング、法務、情報システム、システム開発を経験。
メディア、法律、テクノロジー、広告セクター。

マレーシアに拠点を置き、顧客組織のエグゼクティブに対して効果的なリスク軽減とビジネスプロセス改善計画について提案。

慶應義塾大学法科大学院卒業、上智大学法学部国際関係法学科卒業(成績優秀により3年間で早期卒業)

主なスキル:
企業関連の法務 | グローバル法務 | 業務改善 | コンサルティング | リスク管理 | 契約 | 自動化 | 法的サービス | KPI設計 | 上場準備 | プロジェクト管理 | 株主対応 | Google Workspace | Microsoft Office | SaaS | ERPシステム | CRMシステム

Related Knowledge Base Posts