Open Category List

七つの習慣におけるWin-Winの原則とその5つの柱

1 minuteread

Win-Winの原則について解説します。七つの習慣の中で、Win-Winの原則は相互利益を追求することを指します。作れない場合にはNo Deal(取引しない)とします。この原則を支える5つの柱があります。

(1) Win-Winの人格: 誠実で成熟(勇気と思いやりのバランス)し、豊かさマインド(すべての人を満足させることが可能であるというマインド)を持つこと。

(2) Win-Winの関係: 信頼残高の高い関係を持っていること。信頼残高を増やす方法として、相手を理解する、小さなことを大切にする、約束を守る、期待を明確にする、誠実さを示す、信頼を引き出してしまったときは誠意をもって謝る。

(3) Win-Winの合意: 望む結果、ガイドライン、使える資源、責任に対する報告、履行・不履行の結果を含んでいること。

(4) Win-Winのシステム: Win-Winの原則に基づいたシステム・仕組みが必要であること。

(5) Win-Winのプロセス: 問題を相手の立場から見る、対処しなければならない課題と関心事を明確にする、完全に納得できる解決にはどういう結果を確保しなければならないかを明確にする、その結果を達成するための新しい案や選択肢を打ち出す。

以上が、七つの習慣におけるWin-Winの原則とその5つの柱についての解説です。

Related Knowledge Base Posts