Open Category List

七つの習慣における自己責任の原則

< 1 minuteread

自己責任の原則について解説します。七つの習慣の中で、自己責任の原則は以下の要素を含んでいます。

1. 事象に対して自分に責任があるものとして考える: 自分の行動や選択が状況に影響を与えるという意識を持ち、自分の責任範囲を理解することが重要です。

2. 主体的な言葉遣いをする: 自己の選択により事象をコントロールできるという前提で、言葉遣いを主体的にすることが求められます。

3. 関心のある領域のうち、自分の選択によりコントロールする範囲を増やす: 自分が影響を与えられる範囲を広げることで、より多くの事象に対して責任を持つことができます。

4. 問題を3つのカテゴリに分ける: (1)直接的にコントロールできる問題、(2)間接的にコントロールできる問題、(3)全くコントロールできない問題に分類し、それぞれの問題に対して適切な対応方法を選ぶことが重要です。

対応方法は以下の通りです。
(1) 習慣を変える方法: 自分の行動や習慣を変えることで、問題を直接的にコントロールできます。
(2) 影響を及ぼす方法を変える方法: 他人や状況に対して影響を与える方法を変えることで、問題を間接的にコントロールできます。
(3) 自分の態度を変える方法: 問題に対して穏やかな気持ちで受け入れることで、自分の態度を変えることができます。

どの対応方法も、自分のあり方を変えることが共通しています。自己責任の原則を理解し、実践することで、より効果的に問題に対処し、自己成長を促すことができます。

Related Knowledge Base Posts