Open Category List

七つの習慣における自己リーダーシップの原則

< 1 minuteread

自己リーダーシップの原則について解説します。七つの習慣では、自己リーダーシップの原則が重要な要素となっています。以下にその原則を説明します。

1. 明確な価値観に基づいて行動する:
自分自身の価値観を理解し、それに基づいて行動することで、自己リーダーシップを発揮できます。価値観を明確にすることで、自分の行動や判断に一貫性と誠実さが生まれます。

2. 個人的なミッション・ステートメント(憲法)を明らかにする:
自分の人生の目的やビジョンを明確にし、それをミッション・ステートメントとして表現することで、自己リーダーシップを高めることができます。ミッション・ステートメントは、自分の持っているパラダイム(理解の枠組み)の影響を受けないようにしながら、良心、自身の才能・貢献可能性を考慮し、最終的に望む姿を思い描くことで、自分の努力に方向性と目的を与えます。

3. 人生の中心にミッション・ステートメントを置く:
ミッション・ステートメントを人生の中心に据えることで、日々の行動や決断に一貫性を持たせ、自己リーダーシップを向上させることができます。自分の目標に向かって努力し続けることで、自己リーダーシップを発揮し、人生をより充実させることができます。

Related Knowledge Base Posts