Open Category List

七つの習慣における共感コミュニケーションの原則

< 1 minuteread

共感コミュニケーションの原則について解説します。七つの習慣の一部である共感コミュニケーションの原則は、相手の見地に立ち、相手の立場から物事を眺め、相手が見ている世界を見て、相手のパラダイム(理解の枠組み)を理解し、相手の気持ちを感じとることを意味します。これにより、相手のことを正確に理解することができます。

この原則は、「処方する前に診断する」という考え方に基づいています。つまり、相手の問題や懸念を解決するための提案を行う前に、まず相手の状況を正確に把握し、理解することが重要だということです。共感コミュニケーションの原則を実践することで、相手との信頼関係を築くことができ、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

Related Knowledge Base Posts