Open Category List

ホットマーケットの見つけ方と絞り込み方法

1 minuteread

ホットマーケットの見つけ方と絞り込み方法について解説します。

・商品から入ってはいけない。まずは市場を見つけることが重要です。
・ 間違った商品を作った場合は、すぐに切り替えて次のアイデアに進みましょう。
・感情を入れずに、ホットマーケットに耳を傾けることが大切です。

ホットマーケットの7つの要素

1. たくさんの人がいること:
ホットマーケットは多くの人々が関心を持っている分野であるため、その市場には多くの顧客が存在します。

2. 十分な収入があること:
顧客たちは十分な収入を持っているため、彼らはその分野に関連する製品やサービスを購入することができます。

3. 彼らに情熱があること:
ホットマーケットの顧客はその分野に対して情熱を持っており、新しい製品やサービスに対して積極的に興味を持ちます。

4. 彼らがその分野の雑誌を読んでいること:
顧客はその分野に関する情報を求めており、雑誌などのメディアを通じて最新情報を入手しています。

5. 彼らがその分野のヒーローを持っていること:
ホットマーケットの顧客は、その分野の専門家や有名人を尊敬し、彼らが推奨する製品やサービスに対して信頼感を持ちます。

6. 彼らがその分野のイベント、セミナーなどに参加していること:
顧客はその分野に関する知識やスキルを向上させるために、イベントやセミナーに参加し、情報交換やネットワーキングを行っています。

7. 彼らがその分野の人しか分からない言葉を使っていること:
ホットマーケットの顧客は、その分野に特有の専門用語やジャーゴンを使ってコミュニケーションを行い、その分野のコミュニティに所属していることを示しています。

ホットマーケットを見つける7つの方法

1. 本屋に行き、雑誌を見る:
雑誌が存在していること自体がホットマーケットの証拠です。最新のトレンドや人気のあるトピックが掲載されています。

2. Amazonを利用する:
売れ筋ランキングをチェックすることで、人気のある商品やカテゴリを見つけることができます。

3. 習い事教室ガイドブックを見る:
人気の習い事や教室が紹介されており、需要がある分野を知ることができます。

4. 情熱のある人と話す: 次の質問をしてみましょう。
  a. あなた以外にこんな情熱のある人はいるの?
  b. そのテーマについての雑誌はあるの?
  c. イベントやセミナーに出ているの?
  全ての回答が「Yes」であれば、ホットマーケットの可能性が高いです。

5. 他の人の問題を聞いてみる:
人々が抱える問題や悩みを知ることで、解決策を提供する新しい市場を見つけることができます。

6. テレビを観る:
テレビ番組やニュースは、話題のトピックやトレンドを取り上げています。これらを参考にホットマーケットを探りましょう。

7. お金の嗅覚:
投資やビジネスのチャンスを見つけるために、マーケットや業界の動向を常にチェックしましょう。

ポテンシャルマーケットを絞り込む方法:

(1) まず、どれぐらいのターゲットがいるかを把握することが重要です。月に1万回以上リサーチされているキーワードであれば、十分な需要があると言えます。

(2) 次に、マーケットがその情報に対してお金を払う意欲があるかを確認します。以下の要素をチェックしましょう。
a. そのホットマーケットの消費者はクレジットカードを持っているか?
b. 自由に使える収入があるか?
c. その情報を売っているライバルがいるか?もしライバルがいなければ、需要がない可能性があるためやめておくことを検討します。
d. そのターゲットに向けて売られている商品は4つ以上存在するか?
e. そのマーケットに対して売っている人たちが、どれくらいの広告費を使っているか?

ニッチアイデアのチェック方法:

(1) ニッチアイデアの出し方
ニッチアイデアを見つける一つの方法は、アマゾンを利用することです。アマゾンで売れ筋商品やカテゴリーを調べ、それらに関連するニーズや問題点を見つけ出しましょう。これにより、市場でまだ十分にカバーされていないニッチなアイデアを発見できます。

・ニッチアイデアのチェック方法
ニッチアイデアをチェックする際には、以下の2つのポイントを確認してください。

a. 入札価格をチェックする
ニッチアイデアの広告効果を評価するためには、入札価格をチェックすることが重要です。1クリックあたりの入札価格が6円から30円であることが望ましいです。これにより、広告費用対効果が高いニッチアイデアを見つけることができます。

b. 検索数が1万〜2万であること
ニッチアイデアの需要を評価するためには、検索数をチェックすることが重要です。検索数が1万から2万であることが望ましいです。これにより、適度な需要があるものの競合が少ないニッチアイデアを見つけることができます。

 これらの方法を利用して、効果的にホットマーケットを見つけて絞り込むことができます。

Related Knowledge Base Posts