Open Category List

ゲーミフィケーションのフレームワークとチューニング手法

1 minuteread

ゲーミフィケーションのフレームワークとチューニング手法について解説します。

1. データから顧客心理を読み解く:
顧客の行動データを分析し、顧客が何を望んでいるのか、どのような要素に対して興味を持っているのかを理解することが重要です。

2. ABC分析の手法を用いる:
売上のランク付けを行い、顧客をA、B、Cのカテゴリに分類することで、それぞれの顧客層に対して最適なゲーミフィケーション要素を提供できます。

3. チューニングの手順:
① 顧客との関係性の良好さ(=エンゲージメント)を表現すると考えられるKPIを定める:
顧客のエンゲージメントを測るための指標を設定します。

② KPIを常にデータとして蓄積し、推移をみられるようにするなど、改善すべきKPIがどういったもので、より改善するためにはどうすればいいのかを分析する:
KPIのデータを収集し、分析を行い、改善策を見つけ出します。

③ 分析の結果に基づいて対応施策を立案し、それを実施する。
→②に戻りくり返す:
分析結果をもとに施策を立案し、実施します。その後、再びKPIのデータを収集し、分析を行い、改善策を見つけ出すというプロセスを繰り返します。

4. 上級者向けの要素を作る:
① より高い目標:
上級者向けには、より高い目標を設定し、達成感を感じられるようにします。
② チーム戦:
チーム単位での競争要素を取り入れることで、協力や連帯感を生み出し、エンゲージメントを高めます。
③ 自己表現:
顧客が自分のアイデンティティを表現できる要素を提供することで、個性を生かしたエンゲージメントが可能になります。
④ ミニゲーム・サブストーリー・ステージ拡張:
ゲーム内での新たな体験を提供することで、上級者向けの魅力を高めます。

Related Knowledge Base Posts