Open Category List

【ISO】情報セキュリティリスク評価

1 minuteread

概要

情報セキュリティリスク評価とリスク対処計画について解説します。

情報セキュリティリスク評価は、計画的な間隔で実施され、重要な変更が提案されたり発生したりした場合にも行われます。評価では、情報セキュリティに関する基準が考慮されます。評価結果は文書化され、文書化された情報は保持されます。

情報セキュリティリスク対処計画は、リスク評価の結果に基づいて実行されます。対処結果も文書化され、これらの文書化された情報も保持されます。これにより、組織は情報セキュリティリスクの適切な管理と改善を図ることができます。

ISO要約

  1. 情報セキュリティリスク評価の実施
    • 計画的な間隔でリスク評価を行う
    • 重要な変更が提案されたり発生したりした場合にリスク評価を行う
    • 情報セキュリティについて定められた基準を考慮する
  2. 情報セキュリティリスク評価の結果の文書化
    • 評価結果を文書化する
    • 文書化された情報を保持する
  3. 情報セキュリティリスク対処計画の実施
    • リスク対処計画を実行する
  4. 情報セキュリティリスク対処の結果の文書化
    • 対処結果を文書化する
    • 文書化された情報を保持する

【ISO】情報セキュリティリスク評価

/
/
【ISO】情報セキュリティリスク評価

情報セキュリティリスク評価とリスク対処計画についての詳細ガイド

情報セキュリティは、すべての組織の運営において重要な要素です。このガイドでは、情報セキュリティの二つの重要な要素、リスク評価とリスク対処計画について詳しく説明します。

1. 情報セキュリティリスク評価
リスク評価は情報セキュリティの不可欠な部分です。これは計画的な間隔で行われ、組織内で重要な変更が提案されたり発生したりした場合にも行われます。評価は、情報セキュリティの確立された基準を考慮に入れます。

このプロセスでは、潜在的な脅威と脆弱性を特定し、これらの脅威の可能性と影響を判断します。評価結果は文書化され、未来の参照のために保存されます。この文書化は、組織のセキュリティ管理において重要なツールとなり、潜在的なリスクに対する貴重な洞察を提供し、効果的なセキュリティ対策の開発を支援します。

2.リスク対処計画
リスク評価の結果に基づいて、リスク対処計画が実行されます。この計画は、特定されたリスクを軽減、回避、転送、または受け入れるためのステップを概説します。リスク対応の結果も文書化され、保存されます。この文書化は、リスク対応措置の効果を追跡し、必要な調整を行うために重要です。これらの記録を保持することで、組織は情報セキュリティリスクの適切な管理と改善を確保することができます。

“リスクを管理しないことがリスク管理の最大のリスクである” –
ドリスケアンズ・グッドウィン

後藤穂高 / Hodaka Goto

後藤穂高 / Hodaka Goto

元AOL日本、Netscape日本、ICQの社長である私の親の指導の下でキャリアを開始。
戦略的コンサルティング、法務、情報システム、システム開発を経験。
メディア、法律、テクノロジー、広告セクター。

マレーシアに拠点を置き、顧客組織のエグゼクティブに対して効果的なリスク軽減とビジネスプロセス改善計画について提案。

慶應義塾大学法科大学院卒業、上智大学法学部国際関係法学科卒業(成績優秀により3年間で早期卒業)

主なスキル:
企業関連の法務 | グローバル法務 | 業務改善 | コンサルティング | リスク管理 | 契約 | 自動化 | 法的サービス | KPI設計 | 上場準備 | プロジェクト管理 | 株主対応 | Google Workspace | Microsoft Office | SaaS | ERPシステム | CRMシステム

Related Knowledge Base Posts